保温性・通気性・防水機能の優れた素材

職場に適した作業服を選ぼう!

その職場に適した作業服を選ぶという事は、従業員の安全を守るという観点と、製品の品質を維持するという2つの観点から重要です。例えば、電気製品など精密機器を取り扱う企業であれば、動きやすさ以外にも静電気を防止する機能を持った作業服を選ぶ必要があります。静電気が発生することにより、電化製品がショートして従業員が怪我をしてしまったり、最悪の場合は火災などの事故にもつながりかねません。

また、外での作業の際に着る作業服にも様々な機能が求められます。乾燥した環境などで働く時のことを考えた保湿性や、炎天下の中での作業に適した通気性、そして悪天候の中でも服に水分などがしみ込まないような防水性能などです。過酷な環境での作業が予想されるときには、これらの機能を持つ素材を使った作業服を選ぶようにしましょう。

保湿性や通気性、防水性能が高い素材とは?

一般的に、保湿性の高い秋冬用の作業服には、ポリエステルが使用されています。ポリエステルは保湿性能が高いうえに、しわになりにくいという特徴も持つため、多くの作業服に用いられている素材の1つです。中には、アクリルなどの素材と合わせてさらに保湿性を高めている商品なども存在します。

夏用作業服などに多く使われる通気性の良い素材の1つに、メッシュ素材があります。これは、綿などの通気性の良い素材を網状に組み合わせたもののことを言い、夏の炎天下の中での作業時に用いられるような服に利用されていることが多いです。最後に防水性の高い素材ですが、ポリエステルとナイロンが挙げられます。両社は防水性能はほぼ同じですが、ナイロンの方が若干ポリエステルより強度が高い傾向にあります。

作業服の通販を利用したいなら、サイズや素材をじっくり比較しましょう。作業服のサンプルを取り寄せることができる通販もあります。