機能性とデザインの両方を考慮する

若い作業員が好むデザイン

作業服が必要な職場といえば汚くなりやすく危険できついので中々働き手が集まりにくい時もあります。中高年の作業員よりも若い作業員の方が力があるので、若い作業員を集めるための工夫をしなければいけません。そこで若い人が好むデザインの作業服の導入を検討してみましょう。かつての作業服はそれなりの機能はありながら、色やデザインはあまり選べませんでした。今は色やデザインが豊富になってきているので、若い従業員にアンケートなどをとって人気のある色やデザインにするとよいでしょう。襟を立てられるタイプであったり腕まくりがしやすいタイプ等個々で自由に着こなせるデザインのもがあり、従業員のやる気アップにつながるかもしれません。

スリムに見えるデザイン

男性でも女性でもスリムに見られたいと考えている人は多いでしょう。ただ職場によっては決められた作業服が貸与され、中にはふっくらした体型に見える作業服もあります。女性の作業員などはあまり着たくないと感じるかもしれません。そこでスリムに見えるデザインを施した作業服を検討してみましょう。ボトムにはストレッチ素材が使われたものがあり、下半身が細く見えたり足が長く見えたりします。ストレッチ素材なので動きやすく作業効率もアップします。アップはウエストラインに工夫のあるデザインを選んでみましょう。ベルトなどで絞り込めるタイプだと体を細く見せられますし、ベルト部分に工具などを取付けられる機能があれば作業効率アップにもつながります。