体に合った大きさの作業服を選ぶ

サイズが合わない作業服の危険性について

作業服選びのポイントにはさまざまなものがありますが、その中の一つに体に合った大きさの作業服を選ぶという点が挙げられます。自分の体よりも大きいサイズを選んだ場合、作業服の中で体が泳いでしまいスムーズに動けない、作業中に脱げてしまうといった危険があります。反対に小さいサイズの場合は、体が締め付けられることで動きにくいだけでなく、体調が悪くなるといったことが考えられます。細く見える作業服ということで、スレンダーなデザインの作業服も増えていますが、細く見せたいからと言って小さいサイズは選ばないようにした方が良いでしょう。ただし、冬物の作業服の場合は、中に着るインナーのことも考えてワンサイズ程度上を選んだ方が良いかもしれません。

自分の体にぴったり合う作業服を手に入れるには?

普段着ている洋服がMサイズだからと言って、作業服もMサイズで自分の体にぴったり合うとは限りません。作業服は同じMサイズであっても、メーカーやデザイン、素材によって肩幅や着丈が違っていたり、着心地が異なる場合があります。また、同じデザインでも色によってイメージが変わることがあるため、作業服を購入する場合は必ず試着をして選びたいものです。インターネット通販の場合は注文時に試着ができないものの、店舗よりも安く作業服が売られている場合があります。そのため、今着ている作業服が自分にぴったりで、同じものがインターネット通販も売られているような場合は、便利なインターネット通販を利用するのも良いかもしれません。